クリスタルサイレンス / 藤崎慎吾

|

Crystal Silence (クリスタルサイレンス)

藤崎慎吾


翻訳: Kathleen TAJI

1999年に出版された藤崎慎吾の『クリスタルサイレンス』の英訳。原作は「ベストSF1999」国内篇一位。ストーリーの面白さとともに、現代のSFとして今も評価の高い作品を、最新の英語で読める一作となっています。

あらすじ
西暦2071年、火星は各国によるテラフォーミングが進みつつあった。入植した国々の間には、資源の利権をめぐって不穏な空気がたちこめている。火星コロニーにとって、もっとも重要な資源である北極冠の水は、アメリカ合衆国、中国、日本、ロシアの国々が牛耳り、一方で入植に乗り遅れた国(ヨーロッパ諸国、カナダ、オーストラリア、インド)は、歯ぎしりをしながら見ているしかない。重要資源の支配権をめぐり、緊張感が高まるさなか、火星の氷の下から、地球外知的生命と思われる死骸が発見された。

調査のためにアスカイ・サヤが地球から派遣される。サヤが火星で見たものは、サイボーグの戦闘や、疫病、突破するには現実に存在しない人間たちと手を組むしかない罠の数々だった。


書籍データ:

  • 356 ページ
  • 新書判 127mm x 203mm (5" x 8")
  • ISBN: 978-4-902075-05-2
  • 黒田藩プレスID: FG-JP0004-L13
  • 定価: US$19.00
  • 表紙絵: 加藤直之

購入

  • アマゾン
  • Amazon
  • Book Depository (free shipping worldwide, including Japan)

  • Kathleen Taji(翻訳)

    アメリカ人日系三世。ロサンゼルス出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で東洋学を専攻した後、さらなる研究のため日本に渡る。結婚後、二十年以上を日本で暮らす。長年の翻訳実績をもち、SFやホラー、ミステリーの翻訳も手がける。現在、ロサンゼルス郊外在住。
    Profile

    黒田藩プレス

    〒810-0001
    福岡市中央区天神3-9-10
    天神松井ビル403
    株式会社インターカム内
    黒田藩プレス

    Powered by MovableType 5.14-en