江戸川乱歩リーダー

|

The Edogawa Rampo Reader

江戸川乱歩の短編とエッセイ集


翻訳・編集: Seth JACOBOWITZ
序文: 巽 孝之

江戸川乱歩(本名・平井太郎。1894-1965)は、言うまでもなく日本の推理小説の黄金時代を担った作家です。乱歩は推理小説のほかにも、近代日本の伝統について執筆した作品も数多く残し、今も、彼の作品が現代文学やポップカルチャーに与える影響は計り知れません。

The Edogawa Rampo Readerは乱歩が残した多数の作品の中から、選りすぐりの短編とエッセイを集めました。日本の文学シーンを彩った大作家としての乱歩の姿を存分に、そしてありのままに伝える一冊です。

収録作品はすべて初の英訳となります。特に、乱歩のエッセイはこれまでまったく英訳されてこず、大変貴重な作品集となっています。英語圏の人々に乱歩の功績を知ってもらうべく、黒田藩が力を注いだ作品集であるとともに、日本の読者には、日本語で慣れ親しんだ乱歩の世界を、また違った角度から見ることによって新たな世界を発掘していただきたい作品です。

目次

序文: 巽 孝之
解説: Seth JACOBOWITZ

I. 短篇

1. The Daydream (白昼夢)
2. The Martian Canals (火星の運河)
3. The Appearance of Osei (お勢登場)
4. Poison Weeds (毒草)
5. The Stalker in the Attic (屋根裏の散歩者)
6. The Air Raid Shelter (防空壕)
7. Doctor Mera’s Mysterious Crimes (目羅博士の不思議な犯罪)
8. The Dancing Dwarf (踊る一寸法師)

II. エッセイ

1. The Horrors of Film (映画の恐怖)
2. Spectral Voices (声の恐怖)
3. A Fascination with Lenses (レンズ嗜好症)
4. The Phantom Lord (幻影の城主)
5. My Love for the Printed Word (活字と僕と―年少の読者に贈る)
6. Confessions of Rampo (乱歩打明け話)
7. Dickens vs. Poe (ディケンズの先鞭)
8. Fingerprint Novels of the Meiji Era (明治の指紋小説)
9. An Eccentric Idea (奇矯な着想)
10. A Desire for Transformation (変身願望)


書籍データ:

  • xlviii + 244 ページ
  • 新書判 5" x 8" (127mm x 203mm)
  • ISBN-10: 4-902075-25-3
  • ISBN-13: 978-4-902075-25-0
  • 黒田藩プレスID: FG-J0020-L24
  • 定価: US$16.00

購入


江戸川乱歩の他の英訳:


翻訳者

Seth Jacobowitz is currently an assistant professor of Humanities at San Francisco State University. He received his B.A. in English literature from Columbia University (1996), and his M.A. in Asian Studies (1999) and Ph.D. in East Asian Literature (2006) from Cornell University. He was a Fulbright Fellow to Nagoya University (1996-97), a Japan Foundation Fellow at Waseda University (2000-01), and a Postdoctoral Fellow at the Reischauer Institute of Japanese Studies at Harvard University (2007).

Profile

黒田藩プレス

〒810-0001
福岡市中央区天神3-9-10
天神松井ビル403
株式会社インターカム内
黒田藩プレス

Powered by MovableType 5.14-en