「The Dream of Lafcadio Hearn」発刊

|

『怪談』などで知られるラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が日本の土を踏んだのが1890年。本書は、英語教師、新聞記者、大学教授、そして作家と様々な顔を見せながら、明治の日本を駆け抜けたハーンが日本で過ごした日々を描いた小説である。ヨーロッパ、アメリカ、西インド諸島を経て、最終的に日本に帰化したハーンが目にした日本のエキゾチックさとは何か? 生まれながらの放浪者であったハーンの人生とは? 一言ではおよそ言い表せない複雑なハーンの人格を肌で感じられる作品。
『旅する帽子 小説ラフカディオ・ハーン』(講談社)の「幻の原作」がついに完成しました。 <続きを読む> 。

|

私の大切な読者と友人へ
遠く離れた国から愛をこめて。

日本が恐ろしい災害に見舞われた今、私たちセルビア人は、素晴らしい日本国民のことを思い、祈りづけています。私も、個人として何でもいいから、お役に立ちたいと思っています。
次に新しい本を書いたら、必ず、日本の皆さんに捧げます。強く、偉大な国は、これほどの大災害も乗り越えていくことを全世界に証明してくれたことに敬意を表して。

愛をこめて。

ゾラン・ジフコヴィッチ




My dear readers and friends from faraway Japan,

I would like you to know that all of you, the wonderful people of Japan, are constantly in our minds and hearts in Serbia, in these times of a terrible catastrophe. I wish I could personally do something—anything—that would be of any practical help to you...

If I ever write a new book, it will be dedicated to all of you, the Japanese people, who so magnificently showed the rest of the human race how a great nation survives a disaster of huge proportions.

I love you all.

Zoran Živković

|
Profile

黒田藩プレス

〒810-0001
福岡市中央区天神3-9-10
天神松井ビル403
株式会社インターカム内
黒田藩プレス

Powered by MovableType 5.14-en